Every Little Thing SONG COLLECTION

MENU
commonplace CDジャケット

commonplace

8th Album(2004年3月10日発売)

デビュー当初のシンセサイザーサウンドを中心とした音楽から、五十嵐充の脱退を経て、現在のELTの音楽の方向性として、自然体や温もりを感じる曲調への進化を決定付けたアルバム。シングル曲は、『ファンダメンタル・ラブ』『また あした』『ソラアイ』の3枚を収録している。


アコースティック・ギターをふんだんに使い、歌詞にも人の温かさが込められた曲が多く、「人の優しさ、血の通う温かさを大事にしていました」とインタビューで答えているように、全体的に心地よく耳に馴染む。作詞はすべて持田香織が担当。アルバム収録曲は、1日~2日で書き上げたものがほとんどで、『五月雨』は1時間弱で完成したそう。本人も、

「テーマが決まりすぎていたので早かったですね。1時間かかってないんじゃないかな」
と答えています。ただ、『五月雨』の歌詞には真偽は定かではないが、心温まる話があるらしい。詳しく知りたい方は『Every Little Thing 五月雨』などで探してみてください。

『commonplace』収録曲

1. ソラアイ

2. ファンダメンタル・ラブ

3. water(s)

Listen!

4. しあわせの風景

5. country road

6. 一日の始まりに...

7. life cycle

8.うらうらら

9. また あした

10. Interluido ~ Meridiana

Listen!

11. 五月雨